プレーオフ決勝は残念な結果に終わりました。残念を通り越しています。でもまあ、試合内容は良かったと思いますよ。プレーオフの2試合は、今季ベストに近いプレーをしたのではないでしょうか。

 しかしながら、この一戦は生きるか死ぬかの試合であって、内容はもはや関係なかったといえます。ただ、良い試合をしながら敗れてしまった要因は、今季リーグ5位に終わった要因とほぼぴったり同じでした。試合を振り返りながら、その点に触れて今季のまとめとしたいと思います。

■序盤の差し手争いに勝つ

 大分トリニータは評判の3バック、ジェフユナイテッド千葉はここのところ不動のメンバーでの4-2-3-1でスタートしています。ファイナルらしい、つばぜり合いのような展開の後、千葉はしっかりパスをつなぎながら大分を押し込んでいきました。

 序盤のポイントは、どちらがサイドをとるかでした。

 サイドの人数は大分が左右1人ずつ、千葉は2人ずつで単純なマッチアップでは千葉が有利になりますが、大分は攻守に3バックの1人がサポートするので実質は2対2の攻防になります。ここで、どちらがサイドをとるか。さらにいえば、どちらがボールを支配できるかで流れが決まってくる構図になっていました。

 大分がボールを握ると、ボールサイドは2対2ですが、逆サイドのウイングバックも高い位置をとってきます。大分は2トップなので、4バックの千葉が中央で数的優位を作りたければ逆のサイドバックが絞り込む必要が生じます。例えば、大分が右サイドでキープしたとき、反対の左サイドにはチェ・ジョンハンが張り出してくる。千葉の右サイドバック、高橋峻希は内側に絞り込んでいるので、チェに一発でサイドチェンジされたらフリーになります。なので、千葉はボールのある左サイドの谷澤達也だけでなく、右の米倉恒貴まで自陣に引かなければなりません。

 一方、千葉がボールを支配した場合、例えば左の谷澤、渡邊圭二のペアに対しては、三平和司と土岐田洸平の2対2になります。しかし、そこから右へサイドチェンジすれば、大分のチェに対して千葉は高橋、米倉の1対2を作れます。大分とすれば、3バックを横へスライドしながらサイドへ援軍を送る形になりますが、どうしても後手になりがちです。

 要するに、どちらかのボール支配率が高くなると、もう一方は自陣に押し込められてカウンターすらできなくなる危険がありました。そして、ボールを支配したのは千葉のほうでした。序盤の流れはつかんだことになります。

■クリアごとに“守り慣れ”する大分

 千葉は13分に二度のチャンスがありました。GKのミスから渡邊のクロスを米倉がヘディングシュート。直後にCKからファーサイドで山口智がノーマークとなり、余裕をもつてコントロールしてシュートしましたがGK丹野研太がセーブします。

 このあたりから千葉は、執拗(しつよう)に左サイドから攻め込んでいきます。ここがチャンスになるとあらかじめ狙っていたのかもしれません。さらにポゼッションも安定してきて、完全に主導権を握ります。大分もときおり攻め込みますが、そのときは千葉が効果的なカウンターを繰り出していました。

 流れは千葉がつかんでいました。しかし、それが今季の負けパターンにつながってしまったともいえます。

 大分は完全に押し込まれ、カウンターもままならない状態に陥っていましたが、千葉の攻撃を防ぐごとに“守り慣れ”が生じてきます。引ききっている相手が守りのリズムをつかむと、どんなチームでも攻略するのは非常に難しいものですが、今季の千葉はとくに引かれたときに崩しきる力がない。それはシーズン中に露呈していた課題でした。

 37分には兵働昭弘が得意のFKから狙いますが、またもGKにセーブされます。さらにCKからの山口のダイビングヘッドも枠をとらえられず。結局、ボールを支配していた前半に得点を奪うことができませんでした。

■ターニングポイントとなった交代

 今回のプレーオフではシーズン順位が上のチームが有利です。引き分けでも昇格が決まる千葉は有利な立場でした。後半のどこかで、大分は点を取りに動かなければならないわけです。

 ボールを支配しながら点が取れなかった千葉は、シーズン中の負けパターンになっていました。これで無理に崩しにかかってカウンターを食らえば、シーズン中に何度もあった展開になってしまいます。ただし、引き分けでオーケーなのですから、ボールが支配できていて、カウンターでチャンスを作れている流れは決して悲観的なものではありませんでした。

 大分は村井慎二、森島康仁に際どいシュートがあり、千葉も米倉の突破がペナルティーエリアぎりぎりのファウルで止められました。81分、谷澤がゴールライン際をドリブルで切り込んだときは最大のチャンスでしたが、中の選手が同じ場所に詰めていて、クロスに合わせられず。82分には渡邊のクロスをゴール正面、しかもフリーの藤田祥史が頭で合わせますが枠へ飛ばせず。

 ここで大分がギャンブルに出ます。3バックの一角である土岐田に代えて高松大樹が入りました。守備は1対1にして、前線を増員したわけです。ほぼ同時に、千葉は米倉に代えて荒田智之を送ります。大分が前に出てくるのは自明でしたから、裏を狙える荒田を投入して2トップに変えました。

 この交代自体は、どちらに有利不利というほどの影響は与えていません。直後の86分に林丈統のゴールが決まってしまったからです。千葉は荒田を入れたことで兵働をトップ下からサイドへ動かしていますし、大分は森島、高松、林の3トップになっていましたから、互いに多少の混乱はあったかもしれません。ただし、その影響が出る間もなく林の得点が決まっていますから、交代の影響があったとすれば一時的に落ち着かなくなっていたということにとどまると思います。

 得点そのものは、オフサイドトラップのかけ損ねでした。大分がFWを増員したことで1対1の関係になってしまったのは事実ですが、千葉の失点は事故に近いものといっていいでしょう。

 あとがない千葉はオーロイを投入して放り込みに賭けますが、大分もすかさずDF若狭大志を入れて、しびれるような時間帯を何とか逃げ切りました。

  ■いいゲームどまりだった今季

 ショッキングな敗戦ですが、試合内容は良かったと思います。守備は安定していて、カウンターは鋭く、ボールも支配できました。今季のチームとして、目指していたものはできていたと思いますし、ほぼベストな出来だといっていいでしょう。

 しかし、いみじくも大分の田坂和昭監督が試合後に話していたことが、千葉の弱点を指摘していたと思います。

「近年のサッカーはポゼッションの高いチームが勝つ流れになっていますが、J2は違います」

 相手に引かれてしまうと崩しきれない。チャンスは作れるんです。けれども1回、2回、3回と逃してしまうと、今度は相手が守り慣れてきます。1回防ぐごとに強固になる。それを崩せるほどの力がなかったということですね。最初の数回のチャンスで決められたときの千葉は、だいたい快勝しているはずです。

 つまり、問題点はフィニッシュと、引かれた相手を崩すセオリーの不足でした。この点は残念ながら1年では解消されず、プレーオフ決勝でもそこで止まってしまったといえます。

 シーズン当初、千葉は「攻撃的で魅力的なサッカー」という目標を掲げていました。まあ、これに反対する人はいないと思います。問題はそれをどうやって実現するか。ボールポゼッションまではだいたいできるんですよ。2シーズン前の江尻篤彦監督のときもそれはできていました。しかし、ボール支配を勝ちにつなげるには、相手に引かれても崩せる、点がとれるという裏付けが必要です。それは簡単なことではないのですが、避けて通れない部分でしょう。

 木山隆之監督も、その課題に取り組んでいましたが確たる回答は出せませんでした。その点に関してはあいまいな印象が残りましたね。終点は見ていても、そこへ到達するための最後の行程が見えていない。そんな感じでした。

 ただ、木山監督の下、まとまったチームとしてプレーオフを戦えたことは良かったと思います。決して悪いチームではなかった。シーズン5位で、こういう試合でプレーするチャンスがあっただけでも運があったと考えたほうがいいでしょう。