Texで編集できると、

ベクトル記号や積分記号、分数表記などがしやすくなります。

これで問題の出題の幅が広がりました。